スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 野生の風/村山由香

野生の風 WILD WIND


【評価】★★★★☆

【あらすじ】
染織家の飛鳥と、命を撮るカメラマン一馬の心温まるラブストーリー。
ドイツで出会い。アフリカで再会する二人。
運命としか言い様のない2人の関係、しかし最後にはこの関係は崩れてしまう。
儚く、そして簡単に・・・。

【感想】
やはり、村山由香です。
すばらしい、何がすばらしいって??

たとえて言うなら、本から風が吹くんです。
アフリカの場面ならアフリカの風が、本から吹いてきます。
まるで、アフリカにいるような錯覚にさえとらわれます。

それだけ、描写がうまいんです。
これは、もう超人の域を越えています。
「おいしいコーヒーの入れ方」からは想像もつかないような、大人の話です。

しかし、なぜ★4つなのかというと…
ラストですね。
バットエンドでもないし、ハッピーエンドでもありません。
あまり、詳しくは言えないのが残念ですが。
あまり、好きな終わり方ではありませんでした。

しかし、こんな終わり方があるんだなと関心もしました。

村山由香という人物の風を感じて見てください。


バーナー
人気blogランキング
スポンサーサイト
13:48 | 恋愛
comment(1)     trackback(0)

 101個目のレモン/俵万智

101個目のレモン

【評価】★★★★☆

【感想】
『サラダ記念日』
だれもが知っているでしょう。中学校の教科書にも俵万智さんの短歌が載っていました。

ちょっと個人的な事なんですが…。
俵さんが、小学校1年生の担任の先生にそっくりなんです。
だから、なんだか親近感がありまして…。

で、この本の感想ですが…。
やはり、エッセイですね。俵さんの素顔が見えたような気がします。

読んでいておもしろいと感じたのは、短歌の出来るまでのエピソードが書かれていることです。
「あぁ、この短歌はこういう意味だったんだ」
という発見が何度もありました。

サラダ記念日にはまった人は、是非。


バーナー
人気blogランキング

12:37 | エッセイ
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。