スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 蹴りたい背中/綿谷りさ

蹴りたい背中

評価】★★★★☆

【あらすじ】
なかなか、クラスに溶け込む事の出来ない長谷川初実。
そんな、初実は《にな川》という異様な存在と出会う。
初実のにな川への感情は、なのか? 友情なのか? それとも・・・

【感想】
この本の始めの何行かを読んで、すごいな…と思いました。
表現方法が何と言ってもすごいんです。
比喩を上手く使うのは、かなり難しいんです。下手に使うと、安っぽい作品になってしまうからです。
しかし、この作品は、その安っぽい作品との境界線ギリギリを突いてくるからすごいです。
読んでいくうちに、作品に引き込まれていきます。

しかし、残念なのは主人公の初実の心情の変化が良く分からないこと。
ほんとうに、ここが完璧なら、正統派文学といってもいいでしょう。


バーナー
人気blogランキング
スポンサーサイト
15:39 | 現代(恋愛以外)
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://book13.blog94.fc2.com/tb.php/20-470b7880
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。