スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 101個目のレモン/俵万智

101個目のレモン

【評価】★★★★☆

【感想】
『サラダ記念日』
だれもが知っているでしょう。中学校の教科書にも俵万智さんの短歌が載っていました。

ちょっと個人的な事なんですが…。
俵さんが、小学校1年生の担任の先生にそっくりなんです。
だから、なんだか親近感がありまして…。

で、この本の感想ですが…。
やはり、エッセイですね。俵さんの素顔が見えたような気がします。

読んでいておもしろいと感じたのは、短歌の出来るまでのエピソードが書かれていることです。
「あぁ、この短歌はこういう意味だったんだ」
という発見が何度もありました。

サラダ記念日にはまった人は、是非。


バーナー
人気blogランキング

12:37 | エッセイ
comment(0)     trackback(0)

 失われた古代ユダヤ王朝「大和」の謎/飛鳥昭雄&三神たける

失われた古代ユダヤ王朝「大和」の謎

【評価】★★★☆☆

【あらすじ】
天皇の御紋である十六花弁菊花紋が、聖地エルサレムの城壁にも刻まれている!!
また、古墳の形状に隠されたユダヤの暗号とは!?

【感想】
う~ん。おもしろいと言えばおもしろい。
これが、事実かどうかは置いておいて、こういった歴史の見方があるんだなぁと思いましたね。


たとえば、日本では「六芒星」として知られる記号。
これは「ダビデの星」といって、ユダヤ教・ユダヤ民族を象徴する印として、世界中で受け入れられています。

20070405185536.jpg


これが、伊勢神宮の灯籠にあるんですね。
さらに、伊勢神宮の「伊雑の宮」の社紋がこの「ダビデの星」なんですね。
さらに、日本の天皇家の紋章が、聖地エルサレムの壁にあったりと、謎は深まるばかりです。

僕の視点から行くと、人間なんだからたまたま同じような模様を書く事だってあるだろうし・・・。そんなこといちいち気にしてないよな・・・。
まぁ、そう思うのが普通じゃないかと思います。
でも、違った視点から歴史を見るというのはおもしろいです。

最後に、この本の分類は「歴史・時代」でよかったなぁ??

バーナー
人気blogランキング

18:59 | 歴史・時代
comment(1)     trackback(0)

 1000ヒット感謝!!

とうとう、カウントが1000に達しました。

みなさん、ありがとうございます。
これからも、本を紹介し続けます。

最近は、高校の宿題が忙しくて、本が読めません。
あっ!! じゃあ、このブログも『読書人 by.高校生』ですね。 
12:24 | 雑記
comment(2)     trackback(0)

 過ち・・・

wtr0062-024_m.jpg


過ちて 改むるに 憚ることなかれ

more... »

20:41 | 人間研究
comment(3)     trackback(0)

 涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

涼宮ハルヒの憂鬱

【評価】★★★★☆

【あらすじ】
キョンことこの物語の主人公(本名不明)が、出会ったのは普通の人間には興味がないと宣言した、かなり美人の涼宮ハルヒ。
ハルヒの知らないところで、かなりやばい事が…。

【感想】
まず、謝らなければなりません。
涼宮ハルヒファンの皆さん、谷川流さん、ハルヒさん...
ごめんなさい
ただのオタク向けのストーリだとばかり思っていました。

しかし、読んでみるとかなり反省しました。
はじめの方は、だたのわがままなハルヒと中心とした、学園ものかと思っていました。
それはそれで、おもしろいです…。

小説が進行していくにつれて、だんだんと非常識な出来事が起こっていきます。
キョン(主人公)は、僕と同じ通常人間です。
キョンの視点で見た一人称小説でありながら、最後まで飽きさせない文章力に感激します。

そして、何よりこの小説の魅力は、学園SFライトノベルでありながら青春というテーマを難なく描いている点です。
学園SFでありながら、学園青春小説でもある。これこそ、ライトノベル界における革命ではないかと思います。

SFと言うと、重たいイメージがありますが、この小説は読みやすいので、あまり重さは感じられませんでした。
オタク向けではないことをここに証明&保障します!!

バーナー
人気blogランキング
11:44 | ライトノベル
comment(0)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。